胎教にいい音楽

胎教とコミュニケーションの関係

お腹の赤ちゃんがママと一緒につながっている時間って、とても短いんですよね。

10ヶ月という長いようでとても短い時間・・・
赤ちゃんとのコミュニケーションを大切にしたいものです。

お腹の中にいる頃しか出来ないコミュニケーションって、
なさそうで以外にも結構あります。

産まれてきた赤ちゃんに胎教はどう影響するの?ってママも多いですが、
胎教の目的はリラックスする事であり、
赤ちゃんとのコミュニケーションを図る事です。

胎教していたからって、産まれてきた赤ちゃんが、
天才児で産まれてくるとか、そういうわけではないです。

しかし、こういうお話もあります。
妊婦中によく聞いていた音楽を、
産まれてきた赤ちゃんに聞かせたら良く眠るとか、

とお腹の中にいたころ絵本をよく読んでいて、
産まれてきた赤ちゃんに絵本を読んだら泣き止むなどなど・・・

科学的根拠はないですが、体験話として、聞くお話です。

このような体験話のようにいくかわかりませんが、
ひとまず、お腹の赤ちゃんとママがコミュニケーションをとってみましょう。

お互いにコミュニケーションをとることで、
リラックスできますよね。

このリラックスすることが、とても大事なのです。

音楽を聴いたり、散歩したり、キックゲームをしたり・・・

いろいろな方法がありますので試してみてください。
コミュニケーションをとっているうちに、ママとしての実感もとても強くなります。

胎教とは、胎児の教育だけでなく、ママの母親としての自覚を持つ意味でもよいと思います。
胎教と、難しく考えないで、赤ちゃんと楽しくコミュニケーションをとってくださいね。



効果的な胎教の方法♪

胎教とは胎児を教育するという意味とらえそうですが、
実際のところは赤ちゃんとのコミュニケーションをとおして、
リラックスすることが目的なのです。

胎教と一言で言っても、
いくつかのコミュニケーション法があります。

一番多く聞くのは、
パパやママが直接お腹の赤ちゃんに語りかけることです。

TVドラマなんかで、パパですよーなんてお腹の赤ちゃんに語りかけているシーンを見かけたことありませんか?
そして、アッ、動いたーなんてママが言うシーン・・・

実は、これはとても大切な胎教なのです。

産婦人科などでも、赤ちゃんに話しかけてあげてねーなんて言われた妊婦さんもきっといるはずです。

その他にも、胎教の方法はあります。
クラシックなど、リラックスできる音楽を聴くことです。

これには、モーツァルトの楽曲が良いとされていますが、
ママがリラックスできる曲を聞いてください。

他には、胎教のためにバイリンガルテープを聞いたり、
散歩をして外の環境を見てみたり、
マッサージしてみたり・・・

たくさんの方法があります。

赤ちゃんとのキックゲームはご存知ですか?

私は、妊娠した時にやりました。
本当に、答えてくれるのですよ^^
とても嬉しいものがありました。

お腹を指でトントンっとたたくと、
お腹の中からトントンとはいきませんが、
何か動きが返ってくるのです。

みなさんも是非やってみてください。

お腹の中で生きているんだーって実感できます。

最近では、胎教グッズ絵本もたくさんでています。
胎教グッズだけが胎教ではありませんが、
胎教グッズを使用してみてもいいですね。



胎教にいい音楽の本当の意味とは?

胎教とは、文字通り、胎児《お腹の赤ちゃん》に教育することです。
お腹の赤ちゃんは5ヶ月頃には、脳がほぼ完成しており聴覚も発達してきます。
この頃を目処に、胎教を始めてみると良いでしょう。

胎教の方法として一般に良く言われるのは、
音楽を聞く、特にクラシックを聞くことです。

特にモーツァルトの曲はとても胎教に良いとされ、
注目されている楽曲です。

モーツァルトの曲調は聞いているママにも、
お腹の赤ちゃんにもリラックス効果があるようです。

しかしながらモーツァルトの曲、
あるいはクラシック曲を聞くのが苦手なママもいますよね。

そういう場合は、クラシックでなくても、
ママがリラックスできる曲を聴くことでも胎教になるようです。

つまりは、リラックスするということが胎教に良いそうです。
最近では、夏川りみさんの曲が注目されているようです。

よくこんな言葉を耳にします。

「ママがイライラしたらお腹の赤ちゃんにもわかっちゃうよ」って・・・。

ママと赤ちゃんはへその緒で繋がっているのです。
胎教、胎教とは言いますが、
まずはママがリラックスすることがとても大事なことなのです。

胎教グッズもたくさん出ていますが、
リラックスできるグッズが多いように感じます。

胎教で言えば胎児を教育するためなのかもしれませんが、
胎教の本来の狙いは、母子ともどもにリラックスするということなのではないでしょうか。

そしてリラックスすることが赤ちゃんにとって、
とても良い影響をもたらすという事から胎児を教育する《胎教》となるのではないでしょうか。
プライバシーポリシー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。